すねが乾燥してうろこ状態になる原因と対策

今は嘘のように快適な肌でいられます



アトピスマイルのおかげで、
ウロコ状態のすねが、しっとりした肌になりました。
嘘だと思うでしょ?でもね・・・。

 
脛をよ~く見ると、表面の薄い皮が「うろこ状」にピキッと割れていませんか?

ボディケアに気をつけている方は、脛のひび割れに気がつきますよね。

脛がうろこ状態だと、見た目も悪いし、かゆみも伴います。

どうすれば、すねのうろこ状態を防げるのか気になる方も多いはず。

でも、脛の表面の薄い皮がひび割れているなんて、気が付かない人も多いし。

特にひび割れ一歩手前の状態は、痒みがなくて気が付かない人がほとんどです。

だから乾燥対策をしっかりしていても、すねの乾燥が進んでから気が付くことも・・・。

すねが乾燥してうろこ状態になっている原因は、乾燥で皮膚の柔軟性がなくなっているからです。

冬で寒くなる前の段階からボディケアに気をつけていれば、すねのウロコ予防になります。

また、うっすら表面上だけウロコ状態になっているなら、まだ間に合うので大丈夫ですよ。

そこで本記事では、すねが乾燥する原因と対策についてお伝えします。

すねが乾燥する原因

冬は乾燥して肌の水分が不足気味になります。

顔や手がカサカサして乾燥するのは気になるけど、まさか脚が乾燥しているなんて思いもしませんよね。

実は脛が乾燥するのは、服やタイツで擦れやすい箇所で、特にスカートを履いていると外気に触れやすいからです。

つまり、すねがウロコ状になるのは、乾燥で皮膚の柔軟性がなくなってしまっているから。

すねが乾燥すると、柔軟性だけでなく、皮膚のバリア機能も損なわれ、ちょっとした刺激に敏感になります。

また、すねが乾燥してうろこ状態になるのは、年齢とともに肌が衰えるのも関係しています。

私が20代の頃は、すねがうろこ状態になることはありませんでした。

でも、年齢とともに肌が衰えるし、特に30代後半くらいから、すねのウロコが気になりました・・・。

それから私もボディケアに目覚めて、冬にすねの乾燥を対策するようになりました。

ボディケアで美ボディを目指そうってわけじゃないけど、単純にすねが乾燥していると痒いですからね。

「正直今は、もっと早めにボディケアに取り組めばよかったな~」って思っています。

すねの乾燥対策

具体的な、すねの乾燥対策は下記の通りです。

  • お風呂は長時間はいらない
  • お風呂に熱いお湯を避ける
  • 身体を洗うときにゴシゴシ擦らない
  • ボディソープより固形石鹸を使う
  • パジャマなど着るものは優しい素材を選ぶ
  • ムダ毛処理はカミソリ負けしないように対策する
  • タイツの素材を天然のものにする

すねの乾燥対策の基本は、肌の潤いを奪うのはNGです。

特に熱いお風呂や長時間のお風呂に入ると、皮膚が乾燥します。

すねの乾燥が気になる方は、長風呂に注意しましょう。

固形石鹸を使う

身体を洗う時はボディーソープでなく固定石鹸がおすすめです。

固形石鹸のメリットは、洗い流しが簡単だから。

ボディソープは洗い流しにくいので、、余分に皮脂を取りすぎてしまいます。

すねの乾燥が気になる方は、固形石鹸を使ってみてください。
>>すねの乾燥にオススメの固形石鹸はこちら

タイツを選ぶ時は綿100%を選ぶ

ストッキングを履くときは、脛に念入りにボディクリームを塗り込みましょう。

ボディクリームを脛に塗ることで、皮膚を刺激(ストッキングのスレ)や外気の乾燥から守れます。

おすすめは、お風呂上がりに化粧水をつけると、すねに浸透しますよ。

ボディクリームはベタつくから、化粧水の方が身体に塗りやすいです。

潤い対策と考えると、化粧水で十分です。

でも、クリームの油分は皮膚の外からの刺激を守る役目もあります。

乾燥が酷いときは、化粧水+クリームがおすすめです。

乾燥だけでなく美しさを保ちたい方は試してみてください。
>>すねの乾燥・かゆみにおすすめ化粧水・クリームを知りたい方はこちら

脛の物理的刺激に注意する

脛への物理的刺激はNGです。

すねが乾燥してウロコになってる皮膚が気持ち悪いから、ゴシゴシと洗いたい気持ちはわかります。

でも、皮膚を剥がすのではなく、ボディクリームをつけて、そっと脛をなでてあげましょう。

特に冬のムダ毛処理をカミソリでしている人は要注意!

どうしてもムダ毛が気になるし、すねが乾燥する人は永久脱毛をしたり、抑毛クリームを使うのが良いでしょう。

すねの乾燥は放置すると大変なことに・・・

すねの乾燥は対策しないと、どんどん乾燥していきます。

  • すねの乾燥初期:カサカサ・白い粉が吹く。表面がうっすらウロコ状
  • すねの乾燥中期:亀の甲羅のひび割れ状。赤みを帯びる
  • すねの乾燥後期:夜中に眠れないほどの痒みがある

すねの乾燥で痒くなるのは当たり前。

すねが痒くてポリポリしていると、身体のいろいろな箇所が痒くなってきます。

特に一箇所を掻いていると、身体の皮膚が1枚で覆われているので、部分限定っていう痒みではなくなります。

掻けば掻くほど、痒くなるような仕組みが身体の中で働きます。

痒いところをかいているのに、掻けていないような感覚になるので要注意です。

すねの乾燥メニュー